ゴスペル音楽とは何ですか?

ゴスペル音楽は他の音楽に比べて非常にユニークなジャンルであり、ジャズ、ブルースとポップがまざったような音楽スタイルです。ゴスペルは、日々私達が感じているストレスや疲れを癒し元気を与え、あらゆる問題の中で希望を与え、平和のメッセージを運んでくれる力をもっています。ゴスペル音楽は直接人々の心に触れる最も強力な音楽であると言われています。

ゾーイ とは何ですか?

Zoe(ゾーイ)とはギリシャ語で人生“命”とゆう意味があります。若者は沢山の力と可能性をもっています。

ゾーイミュージックはその可能性を最大限に引き出せる事を願っています


ゾーイミュージック とは何ですか? 

ゾーイミュージックは自分でも気づいていなかった潜在能力を引き出し、あらゆる可能性を見せる場所です。

本格的なアーティストを目指す方から、ただ歌う事を楽しみたい方までどなたでも参加でき、あらゆる希望を叶えるお手伝いをさせていただきます。


楽しい

各レッスンでは歌うこと、演奏することを通して、音楽が持つ喜びや楽しさを感じることができます。是非レッスンに参加してその雰囲気を味わってください! ゾーイで使う曲はアップテンポのものが多く、振り付けを交えながら楽しく学ぶことができます!


簡単

英語の曲を使ったレッスンになりますが、どなたでも簡単に歌える曲を用意していますので、歌う事が苦手な方、

英語が話せない方でもレッスン後には驚くぐらいに自信がつき、帰ることができます!

マーセル先生とはだれか?

ドイツのカンプ=リントフォルト出身。母はゴスペル歌手のキャロル·ガズデン(キャロル·ギャズデン) 。

3人兄弟の二男として音楽一家に生まれ、幼少の頃から兄や弟と共に母のコンサートに連れられて母のステージを見ながら育つ。自身も5歳の頃から教会の聖歌隊でソリストを務めていた。米国メリーランド州に移住後、地元の教会でとある父親と二人の息子がキーボードを一緒に演奏している姿を見て、キーボード演奏に目覚める。11歳でキーボードを独学で習得し、地元の教会の礼拝や、母の伴奏者として演奏し奏者としての腕を磨く。

1999年、一家で日本に移住。米国人の集うゴスペル教会のキッズ聖歌隊でキーボード奏者を務めた後、2001年に母がオープンしたゴスペルスクール「ゴスペル・コネクション」と、同年に牧師である父W.D.Gadsdenが母と共に東京都福生市に設立したニューライフ教会にて、専属キーボード奏者に就任。 10代にしてプロのバンドミュージシャンたちと数々の共演をこなし、母のセカンドアルバム「He is the One」では、リード·キーボードを務める。

現在はニューライフ教会の音楽ディレクターを務める他、演奏活動は日本全国におよぶ。TBS、ハーベストタイム、福生市のローカルTVなどにも多数出演。

キーボード講師としても、独自の演奏スタイルと天性の音楽感性で、技術だけに留まらない音楽の素晴らしさと、音楽への愛を伝える活動を続けている。

彼は10年以上10代の子供達に強い情熱を持ち、グループレッスンを通してゴスペル音楽を教え、その中でソロのテクニックや楽しい動きを教えていきたいと思っている。彼に会う人は皆彼の笑顔から喜びと平安を感じています。